スポンサーサイト

  • 2019.05.18 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


1867年11月15日

今から140数年前、この日京都で
坂本龍馬が暗殺されました。
この日は龍馬の誕生日でもあります・・・

現在の龍馬人気も凄い事になっておりますが
私が一番リスペクトしている人が
「坂本龍馬」であります。
もうだいぶ前からのファンですが・・・

また墓参りいこ〜〜
あ〜高知にもいきたいぜよ〜〜 


やっと・・・

届いた〜〜〜^^
みんなでお金出し合って購入した

『お〜い!竜馬』DVD-BOX完全収録版 !!!

やっとアニメでの「お〜い!竜馬」が見れる。
漫画でしか読んだ事なかったので楽しみ^^

一体どんなんやろ・・・ってストーリーは判っているけど楽しみ^^

昨日TVで・・・

もし「龍馬が暗殺されていなかったら!?」みたいな
番組やってまして、食い付いて見てしまいました^^
私も番組の「if」のように
龍馬は政治にも携わらず、「世界の海援隊」をやって
いたんだろうな〜なんて思います。
一番「そうやな〜」って思ったのが
『外国語学校』
これはまさに「フムフム・・・」と納得してしまいました^^
もしこれが実際に起こっていたのなら
今の世の中(日本人)は結構バイリンガルな人達で
溢れていたんではないかな〜と。

ま、「if(もしも・・・)」なお話なのでそれはそれですが・・・

それにまた別の話で、
「織田信長が本能寺で暗殺させなかったら」も面白かった〜
これが現実になっていたら
明智は信長に倒され、関が原の合戦もなく、鎖国もなく、
もっともっとグローバルな日本を歩んでいたのかも!?
その後の「世界大戦」とかもかなり変わっていたんどろな〜と。
それにこの話が起こっていたら
「幕末」ってのもないから龍馬たちも出てこなかった、
まったく違う道を歩んでた!みたいな^^

そんな思いに馳せながら仕事をこなしてる私でした・・・
 

大河ドラマ「龍馬伝」

現在、第3話まで放送が終わった「龍馬伝」。(少々長くなると
思いますがお付き合い下さい)
私は去年から楽しみにしていたドラマ。(龍馬が大好きなので)
放送前は「福山氏では男前すぎる龍馬」や
「各話が終了までかなり長いので未だ配役が決まっていない
 キャラもある」等々、色々と賛否両論あると思いますが
私、個人的に言わせて頂くと(第3話までみて)・・・
『今まで頭の中で想像していた私の「龍馬像」というのが
 まさにバッチリ!!!』と言う感想です。

龍馬好きとか関係なく
「坂本龍馬」という人物は
『剣豪・豪傑・英雄』と言った人物像というのが
普通だと思います。

でも私の中では
『お人よし・おっちょこちょい・泣き虫etc』と言う
ちょっと弱めの龍馬像です。

今までも色んな役者さんが「龍馬」を演じてきたと思いますが
『カッコよくて、剣が強くて』みたいな風が強かった
ように思います。

一番気に入っていた龍馬は
1982年にTVで放送された
『幕末青春グラフィティ坂本龍馬』の
武田鉄矢氏演じる龍馬です。
今や「伝説」となっている映像ですが
配役が凄い。
お竜が「夏目雅子」さん。
私の中でこれを越えれる『お竜』は未だいてません・・・
(他の配役もかなり凄いですがここでは触れませんので・・
 また別の日に日記でかこうかな〜・・・)

話が少しそれてしまいましたが
武田氏演じる龍馬が私の中では
「坂本龍馬」でした。
幼少の頃にコレを偶然TVで見、
龍馬好きになった私。
『お人よしでおっちょこちょいで』みたいな感じの龍馬です。
その後、映画にもなるのですが
見るならこっちのTV版です。
って、話がまたそれた・・・^^;;;;

話戻して・・・「龍馬伝」
福山氏や監督等々、「今までにない龍馬を撮りたい!」っていう
力が私にはすごく伝わってきます。
福山氏演じる「繊細な龍馬」がまさにそれ。
もちろん話が長いので(放送終了まで)
まだまだ今から変貌していく
龍馬ですが、
3話終了時点での龍馬で私はKOされました。
『これは最高の龍馬作品になるんじゃないかな〜』と
勝手に思っております。

みんなに愛される「龍馬像が」ここにはあると思います。

いつも龍馬の言葉を借りますが
『今一度日本を洗濯いたし候』
まさに今の世の中、これにあてはまるんじゃないでしょうか。

ドラマの最後は龍馬が暗殺されて終わり・・・と
ストーリーはわかっていますが
それまでに龍馬が成し得た事、が、
ただの一個人でできるような事ではないのはわかっていますが
龍馬の人柄、考え方、等々が今に生きるような気がして・・・

「歴史は嫌い」
「幕末も興味ない」
って方々も是非「龍馬伝」をみて
たった、140数年前にこんなに「志の熱い」人々が
生きていた!!!ってのを感じ取ってほしいです・・・ 

 

やった〜〜!!!

来年の3月に
『お〜い!竜馬』のDVD-BOXが発売されるみたい^^
アニメではまだ全部見たことなかったので非常に楽しみ!!

昔にビデオでだけ販売されたようなのですが
そんなの何処にも無いし、レンタル店にもない・・・
あったとしてもビデオデッキがもう持っていない・・・
と、半ばあきらめていたのですが
嬉しいお知らせを聞けました^^

自分でも見たかったし、
是非子供達にも見せたかった『お〜い!竜馬』のアニメ(子供達は見たくないかも
しれませんが・・・)。
ん〜〜〜待ち遠しいな〜〜〜^^

1867年11月15日

1867年11月15日。
坂本龍馬、中岡慎太郎が刺客に倒れた日・・・
140数年前の出来事。

さて昨日は私の家族とヒロ君の5人で龍馬のお墓参りに。
紅葉もすすんでいる京都だったので凄い人でしたが
無事に色々回って帰ってきました。
ヒロ君は「新撰組」が好きなので今回は私も行った事のなかった
新撰組関連の史跡等も回ってみました〜〜!!

まずは、霊山のお墓参りに。
そして・・・

私も初めて行った・・・
龍馬・慎太郎 遭難の地。
河原通り沿いにあります。
現在はこの碑の後ろが「サークルK」となっていました。
昔は確か旅行会社がなんかだったはず・・・
すごい人どうりの中写真をパチリ。

そしてここから「新撰組」ツアー開始です。
でもここを出たのが16時ごろだったかな・・・もう日が暮れてしまう・・・間に合うか!


と、やっとついたのですが(しかもここまで歩きできました!家族も一緒だったので
散歩がてら歩いていこう!となり歩いてきました!!!!)
日が暮れてしまい、拝観等は終わっていました・・・
次回のリベンジにとヒロ君とは話、ひとまず写真を・・・
で、ここが「八木邸」。
一番最初に新撰組の屯所が置かれた場所。


夜だったので撮影が難しい・・・
2枚のせておきます・・・


続いて「壬生寺」。
ここで隊士の訓練などをおこなったようです。

また沖田総司がこの境内で近所の子供達と鬼ごっこなどをして
よく遊んでいたと伝えられています。


この後新撰組記念館に行きたかったのですが
日も暮れてしまい行っても閉まっているのが重々わかっていたので
次回に来る事にしました!!!

ヒロ君が『新撰組』ファンだった事を知ったのは数日前。
中学からの同級生のくせに、まったく幕末について語った事のなかった二人でした。
でもこれで終わりではないのでまた「来よう!!!」となりました!!!
って数日後にまた二人で来てそう・・・

ウチの家族も嫁さんとはよく龍馬のお墓参りには行っていたので
今回の「新撰組」関連の方は喜んでくれました。
子供も上の子は私が「龍馬」ファンと理解しだしているので
また色々とこれからお話を聞かせてあげたいな〜なんて思ってます。
下の子にはまだ早すぎますが、大きくなったらまた二人で「幕末」について
いろんな話したいな〜なんて今から思ってます・・・って子供が
こういった事が好きになるかはわかりませんが・・・

結果、日が暮れてちょっと残念なツアーとなってしまいましたが
1日よく歩いたし、子供にはツアー云々より「良いお散歩」になったかな〜と・・・



 

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM